決定版!フロアコーティング業者の見積もり比較サイト

見積もって分かったフロアコーティング業界のこと

1位
総合評価
見積金額 155,400円
保証期間 35年
種類 クリスタルコーティング
2位
総合評価
見積金額 148,000円
保証期間 30年
種類 ガラスコーティング
3位
総合評価
見積金額 156,000円
保証期間 30年
種類 ガラスコーティング
HOME » フローリングコーティング業者・3つの選び方 » 希望に合わせたコーティングが可能か

希望に合わせたコーティングが可能か

目的に合わせたコーティングを選ぶコツを紹介します。一口に床と言っても、様々なケースがありますので、まずは自分の環境をチェックしてみてください。

目的に適した床のコーティング方法を知る

床材によって使えるコーティング剤が変わってくることがあります。
例えば、クッションフロアだとフローリングで使うコーティング剤は使用できず、専用の作業が必要になります。

ツヤを抑えたい、ペットがいるから安全性を重視したいなど、施主の目的によってもコーティング方法が変わることも。施主のよくある目的(希望)と、それに対する床コーティングの方法を紹介しましょう。

クッションフロア

水まわり部分の床材に使われるクッションフロアは、フローリングと材質が異なります。
そのため、専用のフロアコーティングを行う必要があります。

また凹凸がある材質のため、この凹凸の差を小さくし汚れの入りにくいコーティング剤を使用します。
もちろん耐久性があり、長期間にわたって高密度で安定していることも重要。

防汚効果だけでなく、防カビ・抗菌・消臭効果なども重要になるでしょう。

ペットがいる

現在、床のコーティングに使用されている薬剤は、安全性を考慮して開発されているものが多くペットが床面をペロパロなめても大丈夫。
とはいえ、業者のなかには有機物質が含まれている油性系シリコンなどを使っているところもあります。

念のため、有機物質が含まれていない安全性の高い溶剤が使われているかどうか業者に確認しておきましょう。

あまりピカピカさせたくない

フローリングの模様を生かすため、できるだけツヤを抑えたコーティングを望む人も多いようです。

ツヤを抑えたコーティングとしては、昔からウレタンが多く活用されています。
ですが、最近ではシリコンやガラスでもツヤの有無を選択できる溶剤が増えています。

ウレタンは耐久年数が短く、油性ウレタンだと再施工が難しくなります。
最初からシリコンやガラスでツヤのない仕上げを求めるとよいでしょう。

費用を抑えたい

低価格であればアクリルですが、耐用年数が短いためトータルで考えると高くつくことも。
初期費用は高めでも、ガラスやシリコンなどのほうがトータルでは安くなると思います。

業者選びの際、そのあたりの価格交渉に応じてくれるところを選びましょう。
他社はこの価格なんだけど…」と、見積書を提出して交渉することもできますよ。

床のコーティング業者を選ぶ際には、自分に合ったコーティングが施工できること、そしてその方法を提案してくれるノウハウがある業者を見極めることが大切です。

 
▲ページトップ

経験者が語るフロアコーティングのすべて

フロアコーティングの見積もりを依頼した業者リスト

フローリングコーティング業者・3つの選び方